Menu

妊娠したら摂取したい栄養

妊婦

効率よく取り入れるには

妊娠したら、お腹の中の胎児にたくさんの栄養を送るために、食事内容を意識する妊婦は多くいます。積極的に摂取すべきとされる栄養で代表的なものと言えば、葉酸です。ただ、葉酸の他にもう1つ摂取したほうが良いものがあります。それがカルシウムです。カルシウムは、胎児の骨格や歯などを作る上で、非常に大事な栄養素です。基本的にカルシウムは、妊婦が摂取した食事の一部が胎盤を通して胎児に届けられています。しかしカルシウムの量が不足した状態が続いていると、胎児の成長にも影響が出てくる可能性があります。では、その不足した分のカルシウムはどのように胎児に届けられるかというと、妊婦の骨や歯に含まれているカルシウムから吸収されて届けられるのです。妊娠中は、胎児への栄養を送ることが優先される結果、妊婦自身の栄養が不足するという状態が起きることがよくあります。そのため、カルシウム不足によって骨がもろくなりやすくなる可能性もあるということを知っておくことが大切です。そういったことにならないためには、やはり食事面でカルシウムの多い食べ物を選んで献立に取り入れることが大事です。簡単に手軽に摂取できる食品と言えば、チーズなどの乳製品が有名ですが、実はその他にも、カルシウムをたくさん含んでいる食品はたくさんあります。例えば、小松菜やほうれん草にもたくさん含まれています。また、干しエビや小魚といったものにも多く含まれていますので、毎日の食事に少しずつ取り入れることが大事です。