Menu

普段の食事では不足も

妊婦

骨粗しょう症を防ぐ

初めて妊娠したという人にとってはこれからどうすれば良いのか色々と不安を感じているという人も少なくないでしょう。妊娠中に気をつけなければならないことはたくさんありますが、お腹の中の赤ちゃんに栄養を送る食事は特に気を使う必要があります。お腹の中の赤ちゃんが健康に育つためにはバランスの良い食事をすることが何よりも大切ですが、中には普段よりも気を使って摂取しなければならない栄養素もあります。カルシウムもそんな妊婦にとって積極的に摂取したい栄養素の一つです。カルシウムは骨を形成するのに欠かせない栄養素であり、赤ちゃんの成長には哀切な栄養素となっています。そのため、もし妊婦が食事によって十分なカルシウムを摂取出来ていない場合には妊婦から赤ちゃんにカルシウムが優先的に吸収されるようになっています。そのため、骨がどんどん脆くなってしまい骨粗しょう症と呼ばれる状態になってしまうことがあるのです。妊婦になると骨折しやすくなってしまうのがこれが原因であり、対策としてはしっかりと食事でカルシウムを摂取しなければなりません。しかし、実はカルシウムは普段の食事では十分な量を摂取しにくい栄養素でもあるのです。カルシウムを多く含んでいる食品としては乳製品が広く知られていますが、他にも海藻類や大豆食品などにもカルシウムは多く含まれています。その他にもカルシウムを多く含んでいる食品はありますので、乳製品が苦手という人は自分に合った食品を探して積極的にカルシウムを摂取することが大切です。