投資する | 太陽光発電投資で資産運用しよう│太陽光は重要資SUN

太陽光発電投資で資産運用しよう│太陽光は重要資SUN


 Finance

投資する

投資商品も登場してきました

ここ数年、太陽光発電が投資の対象として注目をされています。現在、各地でメガソーラーが相次いで建設されている他、工場や倉庫を持つ企業もその屋根に太陽光発電を設置するなど、ブームのような状況になっています。太陽光発電を投資商品として扱う会社も出てきました。メガソーラーを自ら建設し区画ごとに売るという手法を取っていることが一般的です。マンションや賃貸物件に住んでいる人は太陽光発電投資の恩恵を今まで受けることができませんでしたが、このような投資商品となったことで、自らの家や土地に設置できなくても、投資の恩恵を受けることができるようになりました。今後、このような動きはますます活発的になっていくと考えられています。

投下資金は10年で回収できます

太陽光発電投資には様々なメリットがあります。その1つが買取価格が固定されているということです。認定時に決められた価格は産業用で20年、住宅用で10年は変わりません。当初の買取期間が過ぎた後はその時の状況を見て決定することになっています。産業用の20年は魅力的な期間と言えます。なぜならば、太陽光発電投資は一般的に年利回り10%と言われているからです。最初の10年で投下資金を回収し、残りの10年は資産の増加になっていくのです。その後、買取価格が下がったとしても、投下資金の回収は終わっていますから、全て自分の収入となります。もしも、郊外に大きな土地を持っているのであれば太陽光発電投資を検討してみても良いでしょう。