発電で得る利益 | 太陽光発電投資で資産運用しよう│太陽光は重要資SUN

太陽光発電投資で資産運用しよう│太陽光は重要資SUN


 Finance

発電で得る利益

発電投資という新しい資産運用

近年、自然エネルギーを利用した発電方式が脚光を浴びています。中でも太陽エネルギーには大きな期待が寄せられていて、それ故に単なる電力インフラの話題を超えてビジネス、つまり太陽光発電投資という形での興味がもたれています。では、太陽光発電投資とはどのような仕組みなのか、少し考えて見ましょう。 まず、なぜ発電が投資になるのかというと、現在、事業用の太陽光発電による電力は電力会社により一定期間、固定価格で全量買取がなされる事になっているためです。売電額が設備一式と維持費の合計を超えればその分が利益となる訳です。そのため、一般の人からも出資者を募って設備を構え、収益の一部を配当として分配する形式のファンドが出現しています。

高収益を見込める太陽光発電投資

この方式は、現在、銀行預金や国債等よりはるかに良い利回りでの運用が見込め、かつ株式や為替ほどにはリスクが大きくないと言う事で注目されています。それでは、一般の人が太陽光発電投資に取り組むには具体的にはどう行動すれば良いのでしょうか。まず、投資資金がそれぼど大きくない人は、前記の様なファンドへの出資という形をとるのが賢明です。1口数十万円程度から参加することができる上、万一思うような運用ができずとも損益が出資額までに限定されるからです。 より積極的な太陽光発電投資を狙う方は、自前で発電所を構えてしまうやり方もあります。極めて大きな初期投資が要求されますが、それだけに収益も大きく、発電所という現物も残ります。資金と相談してそれに見合った投資形態を選択しましょう。